「4月の登園風景」

【お兄さんに手をひかれて嬉しそうに登園しているきく組のお友達です。】

登園時の様子を少しお話したいと思います。

新年度が始まり、半月が過ぎました。まだ、不安で泣いている小さなお友達もいますが、今年のきく組さんは泣く子が少なく、張り切って大きめの制服とリュック姿で、毎日、登園しています。2階までの階段を上るのも「よいしょよいしょ」と一緒に掛け声をかけてあげたくなるくらい一生懸命に一歩一歩進んでいます。そんなきく組さんを2階で待っていてくれるのが、さくら組のお兄さんお姉さんです。保育士に代わって、大きな黄色いバックをもってあげて、きく組のクラスまで連れて行ってくれます。さくら組のお友達も日に日にお世話が上手になり、少し寂しい気持ちになっているお友達には、優しく声をかけている場面も見られ頼もしく感じています。何気ない朝の光景ですが、保育士として幸せを感じる瞬間です。           フリー保育士  森

【小さく写っているのがクラスまで送り届けてその後を見守っているさくら組さんです。】
【両手で手を引いて連れて行ってくれています。】

PAGE TOP