卒園式についてのお知らせ

園庭北側の桜のつぼみが膨らんできました。もう春です。来週末には卒園式が行われます。

卒園式についていくつか質問をいただいたようなのでお答えします。

Q.「保護者2名参加は無理ですか?」

A.信和保育園のホールは約30名の以上児3クラス合計で約100名を想定して作られています。園児31名と同数の保護者それに職員35名を加えますとほぼ100名に達します。地域に支えられている保育園としては例年なら来賓として小・中学校校長や自治会関係者、田村公民館スタッフ、法人役員など20名ほどに参列頂いていましたが、ホールの状況とコロナが収まっていない現状を考えお断りしています。

福岡県の緊急宣言は解除されましたがコロナウイルスのため毎日亡くなっている方がいます。保育園は命>健康>保育(保護者の仕事をサポートする、子どもたちの発達サポート)≧教育≧行事と考えています。人数を増やして危険も増やしてクラスターを発生させて参加者の命を脅かすことも出来ませんし、現状「ひとりでもコロナ陽性者が出たら休園」という措置も変わっていません。4歳児以下の保育も止めることは出来ません。近隣の(規模も、定員数も違う)保育園の方針についてはそれぞれの保育園の考えですので言及は出来ません。ご理解ください。

 

 Q.「職員を減らしてその分保護者を増やすことは出来ませんか」

A.信和保育園は「すべての園児に対しすべての職員が担任である」という考えで保育を行っています。そして「卒園式」を敢えて意味づけするなら『保護者が保育できない時間帯について“親代わり”として濃厚な時間を過ごしてきた園児と職員のお別れの場であり、その愛してやまない子どもたちを保護者にお返しする場』と考えています。そのため園児と職員と保護者は欠かせない参加者になります。どれを欠いても保育園の卒園式にはならないとも考えています。そのため上記のように、失礼と痛感しながら来賓の出席をとりやめてもいます。ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。(園長)

PAGE TOP